shutterstock_420747640-min

スイスといえば、こんなのどかなイメージでしょうか。

なめらかな肌、美しい髪、チャーミングな笑顔など、

綺麗になりたいと願う女性の心は万国共通です。

世界に目線を向ければ、日本人が知らない“美”の方法が

たくさんあります。

今回の美容術ラボの海外美容の世界コラムは

スイスを詳しく見てみましょう。


1111222

スイスは実は美容大国ということを
知っていましたか!?

スイスは美容整形大国です。

一人当たりが美容整形につぎ込む金額は、

平均70万円以上と言われています。

これは日本では考えられないぐらい、

すごい金額ですよね。

中には、中東の大金持ちがスイスにやってきて、

全身のお手入れをするだけではなく、

ロシアや中国の中流層もスイスの美容を

利用するようになりました。

スイスが美容整形の市場を

伸ばしている理由には

メディカル・ツーリズムがあります。

外国人を対象に、美容整形手術、再建手術など、

スイスの医療専門家を訪ねる外国人が増えています。

 

ガイドや通訳をつけ、豪華ホテルやクリニックに滞在したりして、

食事やショッピングも楽しむ時間も

あるおもてなし豊富なツアーなのです。

1232

スイスの技術力は高いのです!

スイスでは美容整形手術だけでなく、

乳がんや事故による損傷を修復する再建手術に対するニーズが高まっています。

スイスはクオリティの高さで知られており、

また、小国のためサービス管理が行き届いていて、

質の保証がしっかりしているため、

スイスの美容医薬と美容整形手術は高い評価を受けています。

 

 

スイスはアジア人向けなのです!

 

スイスの美容整形手術には手術の技術力だけでなく

お客様に配慮する心があります。

スイスではできるだけ自然に見えるような

ナチュラルで綺麗な出来栄えを選ぶ医師が多いのです。

一方アメリカでは、アメリカが理想とする美を求めているため、

自然な出来栄えはあまり気にしていないので、

ヨーロッパへは来ないです。 

 

ここが美容整形文化のアメリカと、

ヨーロッパの違いですね。

 

これは国の文化や気質の違いの関係で、

どちらが優れているというわけではなく、

スイス人はより自然で目立たないことを好む傾向にあるのです。

ロシア人やアラブ諸国の人々には需要があるので、

メディカル・ツーリズムは人気があります。

日本にもこのメディカルツアーを

やりたいという人たちがいるニーズが広がってきています。



 スイスの物価は実は高くないのです

スイスは、物価が高いイメージです。

ハンバーガーショップのアルバイトの最低の時給は23フランぐらい

(1フラン90円換算で約2,000円)なのです。

ここからも物価が高いことがわかりますが、

スイスで美容整形を受ける場合、

費用は日本とあまり変わりません。

一般的には、日本の平均よりも少し安いくらいなのです。

美容機器を使う治療や、薬剤を注入する治療は、

基本料金なら日本より安いと思います。

施術の場合は、ジュネーブで豊胸手術(一泊入院)ですと、

7500スイスフラン~

(1フラン90円換算で約67万5000円~)。

もし東京で豊胸手術を受けると84万円~ なので、

ジュネーブの方が安いです。

美容ツアーに参加して、スイスで美容手術を受けるのも良いかもしれませんね。


おすすめの記事