SnapCrab_NoName_2018-12-6_0-33-33_No-00
今日はプラセンタの中でも、馬プラセンタの

成分に関してご紹介をしていきたいと思います。

 

そもそもプラセンタとは

 

プラセンタは、母親のお腹のなかで胎児を育むものです。

本来は、胎盤を指しますが、近年は、

胎盤と似たような役割や栄養素をもつ素材も

プラセンタと呼びます。

  

プラセンタの取り入れ方

 

プラセンタは、体内に原液を

直接注入するプラセンタ注射や、

点滴での摂取が効果的といわれています。

週に1~2回取り入れることで、

肌の弾力アップや美白効果、

体の免疫力アップなどの効果が期待されます。

 

 

プラセンタの化粧品

 

化粧品には、ニキビケアに効果が

あるとされるものもあるし、

肌のハリ・弾力を高めるとされる化粧品もあります。

SnapCrab_NoName_2018-12-6_0-34-10_No-00

上記のような母の滴もとても有名ですね。

また引き締め効果もあり、

毛穴の開きやたるみ、

きめの乱れが改善するものもあります。

 

最近注目の馬プラセンタ

 

近年、馬プラセンタの製品が多くなりました。

プラセンタに利用される馬は、

ほとんどがサラブレッドなので、

血統、品質管理、栄養管理などと

最高の条件で育てられています。
SnapCrab_NoName_2018-12-6_0-35-12_No-00

馬プラセンタは、アミノ酸の量や質など

栄養成分などが豊富であり、

豚や羊よりもはるかに多いのです

栄養成分が高いのがわかる理由の一つは、

人であれば、歩き出すまで1年近くかかるのに、

馬の場合は、出産後すぐに立ち上がり、

数週間後には走るようになります。

母馬は仔馬をおなかの中でしっかりと

育てているからこそできるのです。

また、馬肉には、鉄分とアミノ酸が多く含まれ、

滋養強壮に優れた食物であり、

馬油は人の脂質と似ていて馴染みやすいために、

医療技術が発展していない

昔から薬代わりに使われてきました。 

出産に関して言えば、

馬は人間より1か月以上長い妊娠期間の330日で、

豚は多数産みますが、

馬は1度の妊娠で1頭しか出産しません。 

個体数でも、出産数でも、

豚に比べて馬の胎盤は希少であり、

かつ馬の繁殖は流産や

不受胎が少なくないとされているので、

さらに希少価値が増しています。

それだけ馬はヒトにとって優れたものなのです。
SnapCrab_NoName_2018-12-6_0-35-51_No-00


馬プラセンタを美容目的で選ぶ場合、

コラーゲンやアミノ酸、

ビタミンがたくさん入っているものを選択するべきです。

ラベルの説明をよく読むと、

馬プラセンタは実はあまり入っていない場合もありますので、

注意が必要です。 

馬プラセンタ製品は流通量が少ない素材であるため、

含有量が多いほど価格が高くなります。


失敗しないお買い物のためには、

成分表示がしっかりされている製品を選ぶのが大切で、

自分一人で判断するのではなく、

かかりつけのクリニックに

相談してみるのも良いかもしれません。

豚と比較して出産数も少ないため、

非常に高価になる傾向がありますので、

巷の馬プラセンタ製品には、

ごく微量しか配合されていないことも

ありますのでご注意が必要です。

 

おすすめの記事