こんにちは。今日の美容術ラボでは

AGAの新薬に関して、お話をしていきます。

2016年6月13日にAGA治療の新薬が発売されました。

新薬が発売と聞きますと、

薄毛に悩む人達には嬉しい朗報と言えますね。

<ザガーロ非常にAGA治療に優れた薬>

ザガーロはⅡ型5α-還元酵素はもちろん、

Ⅰ型5α-還元酵素にも作用するという特徴を持っています。

プロペシアではAGA治療に効果が得られなかった、

という方の場合でも、

今後の治療に期待が持てるかもしれません。

既存の内服薬よりも強力な効果があるとして

今後の男性型脱毛症(AGA)治療において

大変注目を浴びています。

ザガーロはデュタステリドを有効成分としています。

プロペシア(フィナステリド)は

「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害し脱毛・

薄毛を抑制します。

ザガーロの有効成分から詳しく説明

ザガーロの有効成分であるデュタステリドは

「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害することができます。

男性型脱毛症(AGA)には、

男性ホルモンのジヒドロテストステロンが関与しています。

普通のヘアサイクルは6年程度です。

ジヒドロテストステロン(DHT)が多く存在する部分は

毛の成長が阻害されるためヘアサイクルが乱れてきます。

細く薄い毛となり1年弱で抜けてしまいます。

これではハゲてしまいますね。

この脱毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は

5α還元酵素の働きによって活性化されます。

ザガーロは「Ⅰ型」及び「Ⅱ型」の5α還元酵素を

阻害するため抜け毛・薄毛の原因である

ジヒドロテストステロン(DHT)の濃度を下げることができます。

難しい話ですが、従来のプロペシアよりも強力な

薬とは言えますね。AGA対策の未来は明るいです。

おすすめの記事