インナーケアは内側から改善する美容法!重要な3つのポイント

こんにちは。

今日の美容術ラボでは、

インナーケアのお話です。

季節の変わり目は、

誰でも体調や気持ちが不安定になりがちです。

 

そんな時は、身体が本来持っている修復力を

引き出すインナーケアをプラスして、

体の中から立て直しましょう。

今回は、インナーケアに大事な3つのポイントをご紹介します。

前回のコラムの大正製薬のアルフェビューティコンクパウダー!口コミ・評判も、

とても反響がありました。合わせてお楽しみご覧ください。

<インナーケアとはいったいどんなもの?>

インナーケアとは、

栄養バランスのとれた食事、適度な運動、良質な睡眠など、

生活全般の質を向上させ、

身体の内側からアプローチする美容法です。

健康なお肌をつくるには表面上のケアの他にも、

全身のコンディションを内側から整えることが大切です。

<バランスの良い食事をとる!>

健康な身体を支え維持しているのは毎日の食事です。

その中でも、肌細胞を活性化させ、

ターンオーバーを正常な状態に保つためのビタミン類は、

美肌のためにもしっかり摂取したい栄養素。

また、腸内環境を整えてくれる発酵食品も

インナーケアをするための強い味方です。

<適度な運動で基礎代謝を上げる!>

長時間同じ姿勢で過ごすして運動不足に陥りがちな現代人は、

血流が滞ることによる健康リスクがあります。

よく取り上げられる冷え症や便秘もそのひとつです。

まずは、下半身に新鮮な血液を巡らせられる

股関節ストレッチや腸体操などを、

空いている時間に実践してみましょう。

軽いジョギングなどの有酸素運動は、

体内の糖質や脂肪を酸素とともに消費し血糖値を下げます。

糖質は身体のタンパク質と結びつくとシワやたるみなどの

老化を進める物質に変化してしまうので、

代謝のコントロールは美容面でも大切です。

<良質な睡眠で疲れを取る!>

成人が毎日確保するべき睡眠は、

およそ7時間が理想だと言われています。

健康的な肌コンディションを維持するためには、

ホルモンの分泌が最大になる

0時~3時くらいの時間帯に眠っている必要があります。

なぜなら、

細胞の修復や新陳代謝の促進などを司る成長ホルモンと、

脳を休息させて疲れを取り、

病気予防や老化防止に効果があるメラトニンの分泌は、

深い眠りの際に大量に分泌されるからです。

慢性的な睡眠不足は睡眠負債と呼ばれ、

お肌の健康にとっても大敵です。

メラトニンは暗い環境の中でたくさん分泌され、

脳に光が届くと分泌が止まります。

こうしたオンとオフをしっかり切り替え、

睡眠と覚醒のリズムを整えることは、

健康な体内サイクルの構築に重要です。

夜に脳をしっかり休めたら朝は陽の光を浴び、

気持ちよく身体を目覚めさせましょう。

おすすめの記事