目の下のたるみを解消するエクササイズ!3分やるだけで効果的

こんにちは。

今日の美容術ラボでは、

目の下のたるみを解消するエクササイズ

についてご紹介致します。

目の下のたるみは、

メイクしても影になるなど見た目に現れるため、

気になる女性も多いのではないでしょうか。

たるみの原因には筋肉が関係していると言われています。

今回は目の周りの筋肉「眼輪筋」を鍛える

簡単エクササイズをご紹介します。

前回のコラムのS.T styleクリニックの特徴、施術の効果も高い! もとても、

反響のあったコラムですので合わせてご覧、お楽しみください。

<目の下のたるみは筋肉の衰えが原因>

年齢を重ねれば重ねるほど顔の皮膚や、

脂肪を支える筋肉は徐々に衰えてしまい、

皮膚がたるんでしまいます。

その中でも目の周りは他の場所に比べ、

皮膚が薄くてたるみやすいといわれています。

たるみを改善するマッサージもありますが、

クリームやオイルを使用しないと、

摩擦で肌が傷つく可能性があり、

たるみだけではなく、

シミやシワの原因となる可能性もあります。

<デリケートな目元のたるみを解消するための方法は>

内側の筋肉をトレーニングする方法がおすすめです。

日ごろからエクササイズを続けることで、

年齢に関係なくたるみの対策になります。

目の周りにある「眼輪筋」を鍛えると、

たるみを解消する効果があるといわれています。

お風呂に入っているときや寝る前にできる

家でも簡単にできるエクササイズを3つご紹介します。

<眼輪筋全体を鍛えてたるみを解消するエクササイズ>

まず最初に目を軽く閉じます。

ゆっくりと目をギューっと閉じていき、

閉じたまま5秒間キープをします。

その後少しずつ目の力を抜いていきます。

今度は眉を上げて目をパッと大きく開きます。

5秒間この状態をキープしてから、

ゆっくりと自然な状態に戻します。

<上まぶた部分を鍛えてたるみを解消するエクササイズ>

まず最初に口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします。

そのままの状態で目線を上に向けて、

目の下を伸ばしていきます。

下まぶたを引き上げるようにして、

まぶしい表情をつくった状態で5秒間キープします。

その後ゆっくりと元に戻します。

<下まぶた部分を鍛えてたるみを解消するエクササイズ>

まず最初に人差し指を眉の上に置いて固定します。

そのままの状態で眉をゆっくりと上げていきます。

人差し指は上がってくる眉を

下に押さえるようにして動かさないようにします。

上まぶたが伸びるところで5秒間キープします。

その後ゆっくりと元に戻します。

この3つのエクササイズを

1日5回ずつ行うとたるみを解消する

効果があると言われています。

このエクササイズを行うと表情筋が動き、

頬のたるみの対策にも効果的になるでしょう。

<たった3分のエクササイズでスッキリした目元に>

目の下のたるみの改善には、

筋肉を鍛えることが不可欠となります。

普段あまり意識的に動かさない部分だからこそ、

毎日3分動かすだけでも

十分に効果が期待できます。

目の下のたるみが気にある方はぜひ試してみてください。

おすすめの記事