秋になると肌が荒れてしまう理由は?ゆらぎ肌の対策方法

こんにちは。

今日の美容術ラボでは、

秋の肌荒れの原因と対策についての

コラムをお届けします。

秋になると、

肌の調子が悪くなったりしませんか?

それは季節の変わり目にある、

ゆらぎ肌かもしれません。

朝晩は涼しく季節的には

過ごしやすいですが、

どうして肌のコンディションが不安定になるのでしょうか?

そこで今回は、

秋の肌荒れの原因と対策についてご紹介します。

前回のコラムのリシェルの特徴 脱毛の効果も高いも、

とても反響のあったコラムですので、合わせてご覧お楽しみください♪

<気温や湿度の低下、そして皮脂分泌の低下が原因>

肌にとって理想的な気温が25度前後で、

湿度が60%〜65%といわれています。

 

そのため、

気温の低下で肌の代謝のリズムが乱れ、

湿度の低下で肌の潤いも奪われ、

肌のバリア機能が低下しやすくなります。

 

さらに、秋は75%で冬は49%と分泌量が

夏を過ぎてから徐々に減るので、

潤いを守る力も、

外からの刺激の防御力も弱まり、

肌トラブルが起きやすくなります。

<秋花粉などのアレルギーの症状も関係?>

イネ科やキク科ブタクサ属など

秋には背が低い、

雑草の花粉が飛散する時期でもあります。

口や鼻で吸い込んだり、

肌に付くことで花粉が体内に入り、

肌のバリア機能の低下や肌荒れ、

かゆみなどを引き起こすことがあります。

 

気温や湿度、皮脂分泌の低下に、

アレルギーが重なると、

余計に肌にダメージを与えることもあります。

<水分保持でダメージから肌を守るケアが大事>

ダメージから肌を守るには、

肌の表面や角質層に水分を与えるだけでなく

水分を保持させる対策が重要です。

 

化粧水をつけた後のしっとり感は

一時的なものなので、

化粧水で肌を整えた後は、

保湿成分が含まれている

乳液やクリームなども使って

しっかり肌をケアするようにしてください。

<家の中に花粉を持ち込まないで取り除く>

帰宅後は、玄関先でしっかり花粉などをはらって、

アレルゲンを家に持ち込まないよう気をつけましょう。

手洗いやうがいと一緒に洗顔するだけでも、

効果があるといわれています。

 

洗顔料のすすぎ残しも肌の負担や

敏感肌の原因もなりますので、

生え際や顎などもしっかり洗い流しましょう。

 

かゆみがある時は水で洗顔し、

こすりすぎないようにしましょう。

 

<日常生活も見直してみましょう>

ストレスや寝不足、

バランスの悪い食事なども、

敏感肌をつくる要因になります。

入浴はシャワーで済ませず、

38度から40度くらいの湯舟につかりましょう。

 

リラックスして血行促進、

寝つきもよくなります。

 

6時間以上の睡眠やバランスの良い食事、

運動でストレスを発散するなど、

日常生活も一緒に見直してみてください。

 

肌が敏感な時は髪が顔に触れるだけでも

かゆみなどを引き起こしますので、

ヘアスタイルなどにも気をつけてください。