パッティングは美肌の効果はあるの!?

こんばんは。今日の美容術ラボでは、

パッティングにテーマを当ててみました。

パッティングってそもそも何!?

女性の中には、化粧水や乳液を顔につけるとき、

肌を軽く叩きながらなじませている人がいます。

いわゆる、パッティングです。

化粧水をより深くまで浸透させたり、

顔のくすみが取れて透明感が出てきたり、

毛穴が引き締まったりするという言い分です。

美肌になるメリットがあることも確認されていますが、

メリットばかりとは限りません。

パッティングのデメリットとは!?

実はパッティングには、大きなデメリットが2つあります。

1つ目は「赤ら顔の原因になりやすいこと」です。

上から叩くと、刺激が肌の奥まで伝わります。

その刺激によって、毛細血管が広がり、

赤ら顔の原因になります。

顔は皮膚が薄くて繊細な場所ですから、

弱い力でパッティングしたつもりでも、

強い衝撃になっているのです。

 

他にも「しみの原因になりやすいとも言われています。

強い衝撃をむやみに与えることで、

メラノサイトや新陳代謝に悪影響を与えます。

メラノサイトが異常を起こしたり、

新陳代謝のリズムがおかしくなってしまいます。

それがしみの原因になりやすいのです。

しみが多い人には、パッティングの習慣がよく見られます。

パッティングを習慣にしているなら、今すぐやめましょう。

では、代わりにどうすればいいのかというと、

単に両手で顔を優しく包み込むだけでいいのです。

ぱんぱんは、今日から止めましょう。

手のひらで顔を包み込むように、頬を優しく押さえます。

その姿勢を5秒から10秒ほど、じっと維持します。

それで成分は肌に十分浸透します。 手のひらのぬくもりと密着効果によって、

肌の奥まで浸透します。

まったく肌に刺激を与えないため、安全と言えますね。