メイクを落とさず化粧したまま寝るのは肌に大ダメージ

こんにちは。

今日の美容術ラボでは、

メイクを落とさずに寝た場合のお肌へのダメージ

のコラムをお届けしていきたいと思います。

 

メイクを落とすには時間が掛かり、

その後のケアも必要です。

疲れた身にとっては確かに面倒かもしれませんが、

化粧をしたまま寝るのは絶対にやめてください。

 

前回のコラムのP.G.C.D.スキンケアも、

とても反響のあったコラムですので、

合わせてご覧、お楽しみください。

<汚れが毛穴に詰まりニキビやたるみの原因に>

ファンデーションや汚れによって

肌の表面をふさいだままにすると、

毛穴が詰まってしまいます。

そのまま皮脂が分泌されることによって

毛穴が広がって目立ってしまうかもしれません。

 

その他にも、毛穴の詰まりはニキビの原因にもなります。

ニキビはクレーターのような跡になったり、

シミになったりすることもあるため注意が必要です。

<皮脂や汗は顔ダニの大好物?皮膚炎やかゆみも>

長時間、顔に残った皮脂や汗、

古い角質は顔ダニのエサになり、

増殖の原因になると言われています。

 

顔ダニは古い角質などを食べて、

肌を綺麗にしてくれるとのことですが、

たくさん繁殖してしまうと、

皮膚炎やかゆみの原因になるそうです。

 

メイクしたままうっかり寝てしまった間に、

顔ダニが繁殖してしまったなんてことは、

できるだけ避けたいところですよね。

<防腐剤や着色剤が肌荒れや色素沈着の原因にも>

ほとんどの化粧品は、

品質を維持して長く使えるように

防腐剤を含んでいるものが多いですが、

これを肌に長時間つけていると

肌荒れやアレルギーなどの

原因になってしまうこともあります。

 

また皮膚の薄い目元や唇に

着色剤のついたものを

長時間塗ったままにしていると、

肌の負担になるだけでなく

色素沈着の原因にもなるそうです。

<ターンオーバーが妨げられることも>

本来寝ている間は

肌を再生する機能が活発に働く時間ですが、

この時肌に皮脂や汚れが溜まっていると、

皮膚が再生する働きを邪魔してしまうそうです。

<まとめ>

万が一、

化粧をしたまま寝てしまった場合は、

翌朝、起きたらすぐにメイクを落とすようにしましょう。

 

メイクを落とす際は、

普段より多めに

クレンジングを使用して

メイクを落とすことがポイントです。

 

クレンジングを塗って数分待ち、

クレンジングとメイクを馴染ませる方法も効果的です。

 

熱いお湯で顔を洗ってしまうと

肌に必要な油分まで

落ちてしまう可能性がありますので、

水やぬるま湯で洗ってください。

もちろん保湿も忘れてはなりません。

 

メイクをしたまま窒息していた肌は、

十分な潤いを必要としています。

おすすめの記事